2019年5月11日土曜日

最高記念室『最悪の景観』

自分が参加している美術ユニット最高記念室の展示、「最悪の景観」が
原宿のTOKYO CULTUART by BEAMSで開催しています。
室員4名に、ゲストを2名様迎え、マガという書籍を発行すると共に、
展示を催しております。

先日、搬入をし、出来た空間を翌日改めて観ました。
人は、初めて見る物に対して恐怖を感じたりしますが、
自分が感じたのは正にそれ、「怖い」という感覚が一番近かったでした。

是非遊びに来てください。まじで怖いです。
よろしくお願いいたします。






最悪の景観(Unsightly Sight)
《会期》
2019年5月10日(金)~22日(水)
《時間》
11時~20時
《オープニングパーティー》
2019年5月10日(金)18時~20時
《会場》
TOKYO CULTUART by BEAMS
東京都渋谷区神宮前3-24-7-3F
《参加メンバー》
○最高記念室(英語表記:PSYCHOKINESIS)
 水野健一郎
 高松徳男
 足立拓人
 堀田知聖
○ゲスト
 井出新二
 山﨑健太郎
※最高記念室第5回目となる本展覧会では、2人のゲストを迎えて初の作品集『MAGA vol.1』を刊行します。
《最高記念室プロフィール》
2011年、水野健一郎の呼びかけにより西東京系美術ユニットとして結成。初期メンバーは水野健一郎、我喜屋位瑳務、高松徳男、足立拓人。2015年に堀田知聖が仮メンバーとして参加。2016年7月7日に我喜屋位瑳務はセタゾーンにアセンションし、堀田知聖が正式メンバーとして加入。
○展覧会歴
2013年「最高記念室」(TOKYO CULTUART by BEAMS)
2015年「FUTURE FOR FUTURE」(Fm)
▪️2016年「潜伏」(神田の空ビル/TRANS ARTS TOKYO 2016)
▪️2018年「続・潜伏」(可児市文化創造センターala/KEN GIFU CULTURE SUMMIT)
「私は最高記念室というユニット名が気に入っています。元々は1998年に私の言葉作品『ワーズ・アタック』の中で生まれた言葉でしたが、好きすぎてユニット名にしてしまいました。最高記念室の活動内容はその名前に大いに引っ張られています。名は体を表すと言いますが、名によって体を形成するという感じでしょうか。世代も意識も異なるメンバー各々が勝手に想像する最高記念室のイメージは過去4回の展覧会を経て徐々に重なり合い、今ではメンバー間の共通認識として創造の軸となっています。名前に引っ張られ、見えない力に動かされ、そこにある方向性が生まれます。私はその自然な流れに身をまかせたいと思います。(2019年4月8日 水野健一郎)」
《瀬田夏彦について》
作品中に登場する瀬田夏彦は架空の人物であり、最高記念室の象徴的偶像です。と同時に人が無意識に持つ普遍的な美の概念を客観的に具現化するための宇宙人の視点です。
《展示形態》
ペインティング、ドローイング、グラフィック、漫画、写真、自然物、人工素材、私物、アニメーション、CG、インスタレーション他。

2019年4月17日水曜日

「4月 5月のマーケット」

我が東京の実家、タンバリンギャラリーで、4/23(火)より
「4月 5月のマーケット」という展示に参加させていただきます。

いろんな作家さんがプロダクト等を持ち寄って開催される展示で、
自分は、危なげのある新作キーホルダーと手元にありますスマホケースを
出展する予定です。

春の様な健やかな展示になると思います。
是非遊びにきてください。

「4月 5月のマーケット」
at TAMBOURIN GALLERY
2019年4月23日(火)~28日(日)・5月7日(火)~11日(日)
11:00~19:00 (火曜日〜20:00/日曜日~18:00)
※4月29日(月)〜5月6日(月)春期休廊
新しい季節の始まりに
私や誰かを喜ばせる
少し特別で気持ちのこもったものばかりを集めた
「4月 5月のマーケット」を
タンバリンギャラリーにてオープンします。
【 4/23〜28 MEMBER 】
足立拓人/Aack あーちくりん/catejina/北村佳奈
谷端実/ツルモトマイ/ながたけんじ (THEEND)/二宮佐和子
NOI/HITO MA <イケヤシロウ/TOUCHU/山田ゾンビ/jhre>
南出直之(NANDE)
【 5/7〜12 MEMBER 】
いとうひでみ/Emika Komuro/odd_/クミン アヤ/ケント・マエダヴィッチ
後藤寿方(OOCAMI DRAWINGS )/JACKSONNICHE/関川恵/NOBUKOFU
HITO MA <hoshi mitsuki/jhre/うそみたいなコップ/ZON>/RE:SCOVERLY BYESTOF T-SHIRTS SHOP

さわちゃん、濱口さん、4/29に即興キーホルダーしていいですか?

2019年4月15日月曜日

20190415

こんにちは。
怒涛の昨年を終え、年末に引っ越しをし、年が明けたと思っていたら、
もう春が来ていました。
今年も展示やイベントのスケージュールが詰まって来ていて、
本当にありがたい日々です。

この時期の植物たちは元気全開で、くたびれた肉体とギンギンに硬化した
眼球を癒してくれてます。
今年買った、未発根の植物も順調に葉を展開し、一安心しております。
他の植物たちも新居を気に入ってくれているようです。

絵は、いつも通り楽しいし、また新しい事を展開する決心もつきました。

また何処かで会いましょう。
お会い出来ましたら、一杯やりましょう。

メストクレマかっこいい

2018年10月25日木曜日

「大足立展」at VOU(京都)

11/2から、京都のVOUで個展を開催させていただきます。
関西での展示は初です。やったね!

7月の「大ペラ展」に続き、今回は「大足立展」というタイトルをキュレーターの則竹さん
と名付けました。
新旧、色んな作品を持って行こうと思います。

VOUの川良さんは、2年前の個展で2点の絵を買っていただきました。
自分は、VOUのプロダクトの手袋と靴下を愛用していて、今回展示が決まった時に、
友達から「相思相愛」と言われました。ちゃんと愛されるようガッツ入れていきます。
則竹さんには、かっこいい文章を書いていただきました。
どうぞよろしくお願いします!

場所:VOU/棒(京都)
日時:11/2-11/13 11:00-21:00
休廊:水曜、木曜
http://voukyoto.com

「大足立展」足立拓人
足立の作品は実験的プロセスを踏みながら緩やかに変化してきた。
感情的な面、形としての美しさの線、その融合を経て、今もなお進み続けている。
どの時期のいづれにも飽くなき探求と模索、その時の足立の「いいもの」が形作られている。
今回の展示ではその足立の過去、現在の「いいもの」が所狭しと空間を占拠する。

全ての「いいもの」を通して足立が見る未来を感じて欲しい。






おいでやす!

「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018」

東京ミッドタウンのイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018に参加させていただきます。
自分は10/27、28の2日間、PARK PACKというプロジェクトで芝生公園に設置されたコンテナ内で作品を展示しています。
是非、遊びに期て下さい。

PARK PACK by ULTRA PUBLIC PROJECT 
時間:11:00〜17:00
場 所:ミッドタウン・ガーデン、芝生広場
主 催:東京ミッドタウン
制 作:ULTRA PUBLIC PROJECT


週末は六本木で合いましょうぜ

2018年9月17日月曜日

[NISHINOUMIKAJIROU - 西ノ海嘉治郎] from Portland to Tokyo in Tambourin gallery

9/18(火)タンバリンギャラリーで開催される展示、
8/2〜8/26にポートランドのHELLO! GOOD MORNING!CARGOで開催された展示、
[NISHINOUMIKAJIROU - 西ノ海嘉治郎]の日本巡回展です。
昨年に続き、今年で2回目のこの企画。2回目ともポートランドで開催されたので、
自分も会場を目にした事がありません。
豪華なアーティストの方々との展示なので、自分もめちゃくちゃ楽しみにしています!
9/22(土)はレセプションパーティです。
一杯やりましょうぜ。

[NISHINOUMIKAJIROU - 西ノ海嘉治郎]
from Portland to Tokyo in Tambourin gallery
2018年9月18日(火)〜9月23日(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)
*レセプションパーティー 9月22日(土) 17:00〜20:00

この夏、アメリカはポートランドにて、グループショーを開催しました。
日本の新しいカルチャーを想起させるネオジャパニーズと呼べるようなアーティストと、
よりプリミティブでフォークロアな要素を含むアーティストの作品は、
現地の人々にとって、瑞々しく新鮮で、
あたたかくも刺激的に映ったようで、多くの人を魅了しました。
この展示を逆輸入的な形で日本に持ち帰り、タンバリンギャラリーにて開催します。
ぜひ足をお運びください。

This summer we held a group show in Portland, USA.
Art that can be called Neo Japanese that recalls Japanese new culture,
Art which contains more primitive and folkroy elements,
For Portland people,
It seemed to be freshly fresh, warm and stimulating, attracted a lot of people.
We will bring this exhibit back to Japan in a reimportable way and will hold it at the Tambourine Gallery.
Please come by all means.

ARTIST:・足立拓人 - Takuto Adachi・植村泰英 - Yasuhide Uemura・宇佐美朋子 - Tomoko Usami・牛木匡憲 - Masanori Ushiki・内田百合香 - Yurika Uchida・小笠原徹 - Toru Ogasawara・竹上妙 - Tae Takegami・俵谷哲典 - Tetsunori Tawaraya・南出直之(NANDE) - Naoyuki Minamide(NANDE)・二宮佐和子 - Sawako Ninomiya・早川モトヒロ - Motohiro Hayakawa・水野健一郎 - Kenichiro Mizuno・宮嶋結香 - Yuka Miyajima・渡邉知樹 - Tomoki Watanabe

やったぜ!サワちゃんかっけー!

2018917

9/15に原宿のTOKYO CULTUART by BEAMSでお題をいただいて即興でキーホルダーを作るイベントをしました。
VOGUE FASHION’S NIGHT OUTに合わせて行った企画ではありましたが、牛木匡憲さんの個展、
『“VISITORS”Break the rules』で5点のポスターをコラボ制作させていただいた関係で、
参加させてもらいました。

初めてお会いする方に「前の展示行きました」とか「キーホルダー持ってます」とか、
言葉をかけていただいて、
終わりまで変に途切れる事なくオーダーをいただいて、安堵と共に感無量でした。

オーダーをしてくれた方、来ていただいた方、本当にありがとうございました。
カルチャートでイベントをさせていただいたのは5年ぶりで、やっぱり最高でした。
小川さん、ありがとうございます&お世話になりました。
お手伝いしてくれた則ちゃん、いつもありがとう。
牛木さんの展示はぶっ飛んでいて、さすがでした。
『“VISITORS”Break the rules』は9/19(水)までです。

またキーホルダーのイベントが11月にあります。
乞うご期待でやんす。

今回のイベントの一番の問題作。